本文へスキップ

ラ・スマイルは通常クラスからワークショップ、指導者養成コースまで富山ヨガシーンをリードするアットホームなのにしっかり学べるヨガスタジオです。


電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.090-6216-8123

〒939-8081 富山市堀川小泉町1丁目7-5フタバビル2階

ews

2015.04.12 片岡まりこWS

【プログラム】
2015 年 04月 12 日 (日)
WS@13:00-14:30 体の痛みや不快とうまく付き合うヨガWS
WSA15:00-16:30 さよなら肩バンダ&がっちり太もも!力まないプラクティスWS

※WS を受けられる上でのご注意:写真、ビデオ、ボイスレコーダー等の使用はご遠慮ください。


---------------------------------------------------------------------------------
【会場】
Yoga Studio LA sMiLe 
HP:http://la-smile.jp/
〒939-8081
富山市堀川小泉町 1 丁目 7-5 フタバビル2階


【料金】税込
各3,500 円


【キャンセルについて】  
・キャンセルについては、原則として開催日含む、1 週間前までにご連絡をお願いします。   
・キャンセル料につきましては、開催日含む1 週間前 50%、開催日前日当日キャンセ ルは 100%発生いたしますのでご注意ください。   
・キャンセルの場合は、お電話かメールでご連絡ください。  
・お振込後のキャンセル返金はお振込手手数料を差し引かせて頂いております。ご了承ください。     


---------------------------------------------------------------------------------
【講師】 片岡まりこ店内イメージ
保育士資格、調理師免許、パン講師資格、キッズ&マタニティーヨガインストラクター、レイキ3rd degree、ヨガニケタン(YTIC)修了、東京や地方でWSやキッズヨガ、マタニティヨガTTCを定期的に開催 京都ヨガスマイル出演 横浜ヨガフェスタ出演 関西ヨガフェスタ出演

日常生活の癖を見直す指導に定評あり。体の動作は心のどんな部分とリンクしているのか、食べ方、エネルギー、思い癖、様々な要因を考慮し個々が納得してわかりやすく継続できるような内容を伝えるように心がけています。どん底から立ち上がってきた知恵は、悩み多き生徒さんの駆け込み寺。ユーモアと本音トークあふれるクラスが特徴で、特に座学の面白さにも定評あり。

「健康と幸せの本当の姿、あり方を沢山の方に伝えたいと思い「食」と「ヨガ」の2つの視点から人が健康になるという事はどういうことなのか?を探求しています。



----------------------------------------------------------------------------------
【お申し込み&お問合せ】090-6216-8123 担当イケジリ
お申し込みはメールアドレス lasmile.toyama@gmail.com へお願いします。
1.件名[片岡まりこ先生WS 参加希望]
2. 本文中にお名前(ふりがな)、ご住所(郵便番号含)、ご連絡先(携帯電話)、 返信用メールアドレス、ご希望のクラス番号 をご明記の上、お申し込み下さい。スタジオでのお申 込みも可能です。
3. お申し込みの確認後、こちらから確認メールを返信致します。その後、ご入金を2週間以内に下記金融機関にお願い致します。
4.ご入金の確認と同時にご予約完了とさせていただきます。

【振込口座】 北陸銀行 琴似支店(521) 普 6040375 ラ・スマイル 湊 洋二


---------------------------------------------------------------------------------
【詳細】
WS@13:00-14:30 体の痛みや不快とうまく付き合うヨガWS
緊張は痛みを余分に感じてしまいやすく、ほんの少し工夫することで最低限の刺激に止めるには 何が必要でしょうか?陣痛時の痛みによるストレスとうまく付き合うテクニックは、 痛みや不快の緩和に役立つ知識がいっぱい! 心の仕組みや、体のシステムを考慮した、ケアバリエーションを学びます。

WSA15:00-16:30 ささよなら肩バンダ&がっちり太もも!力まないプラクティスWS

ヨガのポーズを少しでも上手になりたいという思いに駆られて練習し続ける事数年。気が付けば、ヨガのポーズがダイナミックになった気がするけど、鏡の前に移る自分が一回りごつくなったような気が・・・・という本音をお持ちの方に朗報です。

また肩回りや、外もも前の力を抜くことが困難な方、または年々力みが抜けなくなって、プラクティス=力むものが習慣化している事を気にされている方が気を付けてほしい事は、見た目だけではありません。 そのまま練習し続けて、痛みやけがに繋がることも。
見た目が良ければそれでよし、という事ではなく、無駄に力んだ結果の体が使いにくい状態になっていないか?も見直していきます。

ポイントは骨をうまく使う事。実際に肩の力や太もも前をほとんど使わずに行うための理論と誰でも気軽に取り組めるエクササイズを提案します。さよなら腕っぷし、さよなら太ももゴリ押しプラクティス。

終わった後に心も体もスッキリできるWSです!